久しぶりに青葉台のお店です。

メニューがおもしろい。
店主のご挨拶から始まって、お蕎麦屋さんのお酒について、そば湯について、そして年越しそばについてたくさん説明があります。ちょっとした読み物といってもいい量です。活字マニアの私にはうれしい限り。
店主の挨拶には「日頃、豪華なお料理を召し上がりの方たちに、素朴なそばの味をどうぞ」みたいなことが書いてあって、ちょっと恐縮。でも、プライド感じます。
a0021179_2317527.jpg
サラダそばを食べました。ローストビーフもエビものってます。
おそばは細めで、とてもきれいでした。のど越しさわやかであっという間に食べてしまいました。
今度は定番のおそば食べてみたいです。

お酒のおつまみも充実しているみたいです。
メニューには手書きで書き足しているものもあって、もしかしてあったりして?とよく見てみたら、すでにあるお品。二つ載ってた「小柱のてんぷら 630円」気になります。

次はお酒飲みに行きたいな。
[PR]
by takakottipotti | 2006-08-29 23:37 | 和食・居酒屋
去年連れてってもらってよかったので、葉山に音楽を聞きに行きました。
一色海岸にある海の家なんだけど、ライブが開かれていて、お酒も飲めるところです。
a0021179_0473389.jpg
食事メニューもタコライスがあったりと海の家っぽくないメニューです。器もお皿使ってるし。

お客さんは葉山ロコの人たちが多いみたい。ノースリ率高し。アースコンシャスな色使いで真似できない独特の雰囲気です。
ザブーン、ザブーンと寄せては返る波の音を聞きながらの心地良い音楽。
赤ちゃんを抱っこしたサーファーぽいパパがおどってたり、海岸を犬を連れて散歩する人たちが通ります。
みんながお酒をゆっくり飲んでいるのは、幸せな気持ちだから?
それぞれ会話を楽しんでるみたい。

で私はというと、ついついディープな話をして、よこちんごめん。
きっと、先日、密室(お風呂)で川嶋あいのアルバムを聞いてしまったせい。
彼女ってちょっと音外すけど、加藤ミリアに続き私の鬼門・・。
フォーエバー青春!!(のバカヤロー!)
こんな先輩ですけど、ゆるちて。あなたが葉山に住めるよう全力でバックアップします。そして私を泊めて。

ディープな会話も海の藻屑と消えてくれるような?、抜群のロケーションがサイコーです。
ただトイレが公衆トイレなのでキャバクラティッシュお忘れなく。
[PR]
先月行った猪苗代旅行の続きです。
a0021179_223937.jpg

梅雨中であいにくの雨だったけれど、こんなとこ住んでみたいって感じの風景です。

ゴハンがおいしかったから、アップします。
なんとしゃぶしゃぶから。
a0021179_2253473.jpg

なすがやわらかくて、口の中でとろけました。上は山菜の女王こしのあぶら。
a0021179_2262461.jpg

魚をきれいに食べるのだけは自身があります。いわな。
a0021179_227502.jpg

実は私、唯一苦手だったのが川魚だったんですけど、今まで食べず嫌いだったんですね。
蕎麦の実。茶漬けみたいにさらさら食べられます。これは手に入れて、自分でもぜひ作りたい。
a0021179_22123093.jpg


おとなの夕食みたいです(笑)。器も手作りらしく、とてもセンスがいいんです。
別に頼んだワインもおいしくて、私たちの話にも花が咲く・・。

そして朝食は
a0021179_22222853.jpg

定番な朝食ではなく、シンプルでおいしかったです。
こういう朝ごはんステキですね。

駅まで送ってくれた友達の車で流れたのが、昔、二人とも好きだった竹内まりあ。
「で、いつ福島に戻ってくんの?」って彼女の言葉が重くて、また新幹線ビールしちゃいました。
[PR]