どうしてもお刺身が食べたくなるときってありますよね?
おいしいお魚探して、友人と青葉台を右往左往・・。

無難に「魚民」?って話も出たけれど、新規開拓と鼻息荒く、和食「たなか」へ。
前から気になっていたお店です。

店内はカウンターが広く、おすし屋さんのような雰囲気。
水槽には私の大好きなアナゴちゃんがニョロニョロしてて、私に食べられるのを待っていたのね。(miyariverも水槽でアナゴ飼えばいいのに)

ビールでカンパーイ!
お刺身を食べたら、平目の甘さに感動。
この感動って初めてエンガワの味を知ったとき以来かも。

水槽のアナゴちゃんも、一匹をてんぷらと白焼きにしてもらって、食べちゃいました。
平目もアナゴも形から想像できない味ですよね。
a0021179_2132654.jpg

こういう家庭料理もあって、それがこのお店をほんわかした感じにしているみたい。

お座敷に案内された私たちだけれど、ふとカウンターを見て、ビックリ。
カウンター満席だよ・・。
しかも、話し振りからすると、かなりの常連らしい。
年配のお客さんが多いようです。
ひとつのお店と長いお付き合いって、大人の特権みたいでステキです。

帰り際にはおかみさんが「うちは女性のお客さんは少ないから、また来てくださいね」って、見送ってくれました。
年齢的には大人の条件満たしてますので、またおじゃまします。
[PR]
by takakottipotti | 2005-07-20 22:01 | 和食・居酒屋