桜台のカッパ寿司の向かいに新しくできたパン屋さんです。

休日の朝にパンを買いに行く生活なんて、ステキ
といそいそとお化粧をして出かけました。(まゆがないもんで)

まだ新しい店内は、土壁のフランスっぽい建物です。
いかにもフランスを意識してますって感じのフレンチポップスが流れ、
私のテンションがさらに上がりました。

パンの種類はそんなに多くはないんですが、ひとつひとつ大切に作っていますという
思いが伝ってくるディスプレイです。

カレーパンやサンドイッチなどのお惣菜のパンより、天然酵母を使ったパンたちが
目に付きました。(カレーパンは並んでなかったような・・・)
売っている紅茶もオーガニックのものでしたし、体にやさしいものを提供していこうと
されているのかもしれませんね。

気分的には、紙袋からフランスパンを少しハミだして、帰りたかったのですが、
雨だったので、
いちじくのパンと
a0021179_025168.jpg

完熟フルーツの健康パン
a0021179_025569.jpg

馬轍の形です。

馬轍を玄関先に飾っておくと、よいことが舞い込んで来ると聞いたことがあります。
実家にも飾ってあったような・・。
何か、願いが込められているんでしょうか。
写真だとなんだか、ヘビにも見えますね。

かんじんのお味は、両方ともべーグルのようなもちもち感があり、
かなり食べ応えがあります。
いちじくもフルーツもこんなにサービスしなくても、ってくらいたくさん入っているので、
ぜんぜん飽きません。
かめばかむほどおいしいパンです。

見たことがないパンもたくさんあったので、当分、休日の朝ゴハンはここで決まりです。

それにしても、朝、このパンを食べようとテンパリすぎたせいなのか、
その後の習い事のお教室に1時間早く行ってしまいました。
しかも、気付いたのは1時間ほどたってから。
何も言わずに相手をしてくれる先生に感謝です。
[PR]
by takakottipotti | 2004-10-31 00:43 | ショップ
台風(トカゲ)の足音が近づきつつあった10月20日。
ニコニコで国技館へ向かいました。

なんと前売り3500円で全国の名門酒90蔵元、600種類のお酒を飲み放題なんです。
私、何杯飲めるのかしら?
なんて、ニタニタ考えながら・・・。

広い会場には蔵元がずらーっと並び、天気が悪いのにも関わらず、肩がぶつかるほどの来場者の多さでした。しかもみんな酔ってきてるから、ぶつかる、ぶつかる。
入場したら、こんな折り詰め
a0021179_21293280.jpg

と焼き鳥、そしてちゃんこがつきました。

見てください。
この折り詰めにはちゃんとおちょこが置けるスペースがあるんです。
しかも、おいしかったです。

肝心の私が一番おいしかったお酒は、やっぱり「大七」です。
でも、たくさんの種類のお酒を飲んでみて、蔵元さんたちを改めて、尊敬。
もとは同じお米なのに、精製を工夫したり、醸造を変えたり、バリュエーションの豊富さに感動しました。
[PR]
by takakottipotti | 2004-10-25 21:54 | 展覧会
9月30日 夜 シーズン到来!
KURIinHK さんから上海蟹を中華街で食べ、レポートするようにとの指令を受け、
私は中華街へと足を運んだ。

さて、いつもの私に戻って・・・。

上海蟹のシーズンです。
上海蟹の美味しいと言われている季節は、一般的にはメスは旧暦の10月、オスは旧暦の11月ですが、とりあえず西暦の12月いっぱいは楽しめるようです。

たくさんある中華街のお店から選んだのが、「馬さんの店 龍仙」です。
加賀町警察署の近くにある、このお店は一度来たことがあったので(安易ですけど)
安くておいしいです。
店員さんもやさしくて、親しみやすいので、なんだかタメ口で話しちゃいました。
おかゆが名物で、朝7時から営業しているそうで、横浜の中田市長も時々来るとか。

それで、上海蟹。
値段も聞かずに注文してしまいました。
a0021179_21595141.jpg

いつものように写真がぼやけていますが、味はサイコー!!
蟹のおなかの中は、卵の黄身のような色でした(しかもヨード卵のようなオレンジ色)
決して食べやすくはないんですが、甘いし、濃厚っ。
またまた幸せを実感。
お父さん、お母さん、生んでくれてありがとう。

そして、蟹を食べている間は、やっぱり無言になりました・・・。

他におすすめのお料理を聞くと、鴨の舌のから揚げとのこと。
注文しちゃいました。
a0021179_21593157.jpg

コリコリしていました。
ガリガリにやせた鳥のから揚げのようです(こんな表現しかできない自分がもどかしい)
つまり、ガリガリのコリコリです。

ついでに。
このお店の近くには1000円で手相をみてくれるお店があります。
人生のラビリンスに迷ったら、お気軽に見てもらってください。
「馬さん」同様、おすすめです
[PR]
桜台にある中国料理「堀内」に行ってきました。

コープと「びっくり寿司」があるこの通りは、気になるお店が何軒かあります。
これからどんどん攻めます。

お店に入ったら、ちょうど、ランチの時間が終わる頃だったらしく、店員さんに
「あと40分でランチが終わるので、ゆっくりできなくてもいいですか?」って聞かれました。
親切なのか断られてるのか、よくわかりません。

ジャズが流れ、おしゃれな中華料理屋さんといった感じ。
なるほど、こだわりがありそうなスタッフがお料理を作っています。

気を取り直し、坦々麺を注文(多分、私は坦々麺好き)。
a0021179_173913.jpg

クレソンがのっているのが、いいです。
ひき肉好きとしては、お肉がポロポロにほぐれていないとイヤなのですが、これもOK。

なにより、このスープの色が灰色。
?って思ったんですが、ゴマらしいです。
ゴマの風味も香ばしく、体にもよさそう。
インパクトのあるものではないけれど、私は好きです。

私と友達の注文したものを見た限りでは、「堀内」のお料理は、すごくあっさり。
カロリーの気になる人も安心なのでは。

ちょっと大人な気分になる中華料理屋さんでした。
[PR]
by takakottipotti | 2004-10-11 17:14 | 中華
鎌倉の大仏さまなどをおがみに、鎌倉に行ってきました。

やっぱでかくて、ウケちゃいます。
外国からの旅行客に混じって、大仏さまの置物を買うかどうかで、迷いました。

大仏さまを参拝した後、鶴岡八幡宮に向かいました。
またもやおなかペコペコ。

目指すは、八幡宮の目の前にある「月のあかり亭」。
ガイドブックを見て、最初から決めていました。
注文したのは、おぼろ豆腐そば。
a0021179_23334157.jpg

お豆腐が「これ何?」って思うくらい、柔らかなんです。

口の中でとろけました。
しかも、小鉢の切干大根の味がしっかりしていることや、おにぎりが付きなのもいいっ。
お皿にのっかったおにぎりを食べる機会ってあるようでないんですよね。
おいしいお豆腐を出すくらいだから、豆乳も濃厚。

でも、一番うれしかったのは、カウンターのイスの大きさ。
ホテルのロビーのようなゆったりとしたイスは、歩きつかれた体が、喜んでいました。

ここの味には近づけなさそうだけど、おいしいお豆腐が手に入ったら、自分でも作ってみようと軽ーく思いました。
[PR]