a0021179_224227.jpg
先週に引き続き、仙台観光です。

瑞鳳殿は伊達政宗のお墓です。伊達政宗は、仙台藩祖として、
伊達62万石を築いたお殿様です。(こういう表現でいいのかしら)

幼い頃に天然痘で右目を失明し、後に独眼流として知られました。
大河ドラマで放送されたから、ご存知の方も多いはず。

ここでトリビア。
ダテ男やダテ眼鏡など、「ダテ」がつく言葉にも、
伊達政宗は関係しているといわれています。

東北一の大名となった政宗は、しばしば秀吉から不興をかったり、あらぬ疑惑にかけられたりしていたのですが、釈明する度に、度肝を抜く奇抜な格好をして皆を驚かせました。
そしてその奇抜な格好がやがて政宗の軍隊の甲冑や軍装にも使われはじめて、庶民の度肝を抜く豪華絢爛たる軍装になったらしいです。そして、京都の人々からは、「今日の伊達政宗の軍団はどんな格好だ?」とまで言われて楽しみにするほどの人気になっていったんだそうです。

豪華絢爛たるビシッとした軍装で、皆「ダテ男」(オシャレ)だ!っていうことになり、いつしか「ダテ男」が「伊達男」に変わっていったらしいですよ。

写真は桃山様式の影響を受けた、実に「おしゃれな」欄間です。
表と裏と彫刻が違っていて、これは、京都・二条城に見ることができます。
今では、この門は歴代当主の命日に現在の当主や関係者などが
出入りするときなどしか、使われないそうです。

この表と裏で違う欄間を見られたのは、ボランティアのガイドさんが教えてくれたからです。こういうサービスがある観光地はなかなかありません。
それにも関わらず、質問攻めにしてしまい、少し迷惑だったかも。
[PR]
a0021179_0135.jpg東京は「独り者」にやさしい街だという。

神奈川に転勤が決まった時、私は周囲にこう言った。
「一人で飲みにいけるようになるね」

横浜に住むようになって、1年が過ぎた。
急になんだか、誰も誘わずに一人で、
飲みに行きたくなった。
そんな気分の時ありませんか?

前に一度、仲良し3人で飲んだ「たじまやさん」。
のれんをくぐり、「憶えてますか?」と聞いてみたら、なんと憶えててくれた。
女の子3人のお客さんは、このお店ではそれほど珍しいらしい。

ご主人は京都出身の元俳優さん。
勝新太郎に連れられて、東京に来たという。
この人、すごい人です。
何度かお店に来ていた杉田かおるを怒鳴りつけ、
出入り禁止にしたらしい。
でも、懐が広い人。
なんででしょう。話していて安心できるとでも言うのかな。

お料理サイコーです!
一年中おでんがあります。
金目鯛の煮つけや〆さばや手作りコロッケなど、ご主人が納得したもの
だけ出している。聞けば、市場に3回も足を運ぶらしい。

そしてお客さんがイー。
一人の私に気をつかって話しかけてくれるお客さんや、ご主人との
楽しいやりとり。なんだか飲んでて、心地よい。
「もっと他の人に紹介しろって言ってるんだけど、
あんまり紹介してくれないんだよね」ってご主人。
自分の好きなお店ってそうかも。
私も二時過ぎまで飲んじゃった。デヘ。

「彼氏ができたら、連れといで。いいやつかどうか
見てやるから」ってありがたいお言葉。
うれしいです。そうしたいです。

<追伸>
お店の方のご好意です。
このブログを見て、「たじまやさん」に行ってくださった方には、ビール一杯サービスしてくださるそうです。
takakottipotti(から想像できる名前)の紹介でって、伝えてくださいね。
ちょっと怖そうなご主人ですけど、お気軽に足を運んでください。
[PR]
by takakottipotti | 2004-06-27 00:02 | 和食・居酒屋
この間も登場した、うちの愛犬ポチは家族みんなに
愛されているというのに、脱走する。時々。
野生の名残かと思われるが、残された家族は寂しい。

いつも隙を狙っている節はある。
だから、チャンスだ!と思ったら、すぐゴー。
あっけにとられている私たちを残し、たちまち見えなくなってしまう。

意外にも翌日。
庭をグルグルまわっている茶色の物体がいる。
我が家のアイドル・ポチだ。
しかも家の方を時々、チラッと見て様子をうかがっている。
私と目が合うと、きまりが悪そうに目をそらす。
まるで朝帰りしてきたお父さんみたいじゃないか。

「帰って来たいんだね」
「ごはんあげてみたら」
そんなやりとりを経て、ポチは戻ってくる。

あるとき、母と電話口で大喧嘩したことがあった。
たわいもないことでだが、離れて住んでいるから、
喧嘩にならないように接してきたつもりだった。

その晩の母の夢には、私が出たという。
茶色い服を着て、家に帰りたそうに、庭をグルグル回っていたらしい。

久しぶりに、母に電話したくなってきた。
[PR]
a0021179_214427.jpg
癒し系の女性めざし(?)、アロマテラピーのお勉強をしています。

それでもってブログにカテゴリを作ってしまえば、書くためにも
勉強するかなと。逆かな。

アロマは香りを楽しみながら、体や心のバランスを整える生活の知恵
と言われています。そんな、香りを感じる嗅覚は「原始的で無意識な感覚」
って言われてるんです。

視覚などと違い、嗅覚は、大脳新皮質(思考や意思、言語など
知的な活動を支配している)を経由しないで、
ダイレクトに大脳辺縁系(食欲など本能的な行動に関わる)に伝わります。
いい香りをかぐと、頭で考えるより先にいい気分になったり、元気が出たり、
リラックスしたりしますよね。

逆に、いいかおりだなって感じたら、頭で考えては台無しということです。
無条件に受け入れたほうがよいようですよ。

いろいろな香りの成分をもったエッセンシャルオイルは売っていますが、
それに限らず、あなたの好きな香りはなんですか?

私は、たくさんあります。
 
 ・ 朝の立ち食いそば屋さんのにおい(二日酔いの時は不快です)
 ・ 男性の小鼻のにおい←私はフェロモンと呼びます。
                   (ちなみにあの杉本彩も好きだそうですが、
                       あそこまでヘンタイじゃありません)
 ・ バニラのかおり(母のホットケーキが好きです)
 ・ 新しい本のインクのにおい(便意を催します)
 ・ 桃のかおり(桃いかおり?)
 ・ ポマードのにおい(おっさんは苦手なのに、なぜか好き。
                           でもあまり人に言えない・・)
 ・ あぶったスルメのにおい(小学生の時から好き) 
 ・ オイルではラベンダーが好きです。
  
バスソルトを作ってみました。
むくみ、シェイプアップに効果があるジュニパーとグレープフルーツのオイルが
入っています。
写真だと、白い粉、怪しいでしょう。


  
[PR]
「ずんだ」を知らない人は多いと思いますので。

宮城県付近では、よく食べられているこの食べ物。
枝豆をつぶして塩、砂糖などの調味料を
混ぜたもので、お餅につけたりします。

ずんだ団子などはポピュラーですが、シェイクが珍しくて、
飲んでみました。
a0021179_23724.jpg


うまいっ!甘すぎずにいい塩梅です。
時々、枝豆の粒が入っているのが、またイイー。
でも枝豆特有の臭さがなーい。
最後まで飽きずに飲めました。
友達も大絶賛!!

ちょっと寂しげに「ずんだが東京にもあればよいのに・・・」って
言ったら、友人「雷おこしも東北じゃ食べないでしょ」って。
(ここで雷おこしを引っ張るセンスが好きだ)
妙に納得したが、本当にそれでよいのか。

江戸っ子は雷おこしを食べてるのか。 
長崎っ子はカステラをそんなに食べてないと聞くぞ。
広島っ子みんなが、「もみじまんじゅう~」ってできるのか。

仙台に行く機会があったら、ぜひどうぞ。
[PR]
仙台に来たついでに、仙台観光をした。
仙台の旅行代理店で働く友人が案内してくれるという。
友人ではあるが、友達の元彼。
普通に友達のように付き合う二人に時間の流れを感じちゃう。

仙台といえば、牛タン、牛タン、牛タンタン・・・・。
牛タンがおいしいお店だと、最近は「利休」を薦める人が
多いけれど、こっちがおいしいと言い張るので従うことにする。

「極上芯たん定食」(限定)を注文。
限定という言葉が食欲をそそる。
お店の人によると、午前11時30分当時、あと20食ほどだという。

牛の舌は、先の部分より根元の方がやわらかい。
(運動量の問題で、人も同じかな)
でも、量が少ないため、限定となるのだ。
ワクワク。
a0021179_235436.jpg


白い器でまとめられて、とてもお上品。
テールスープは透明に澄んでいて、やさしい味わい。
注目の限定芯たんは、お肉が厚すぎず、薄すぎずで食べやすい。
もちろんやわらかくて、炭火のよい香りがついている。
それに麦飯。サイコー。

横浜でもおいしい牛タンを食べたけど、
おいしいといわれるその土地で食べるのにはかなわない。
幸せなひとときでした。
ごちそうさまでした。
[PR]
a0021179_22297.jpgご声援のコメントいただいて、ありがとうございました。
スピーチしてきましたよ。

教会での結婚式では頭がいっぱいになりながらも、親族の涙につられて、思わず涙。大好きな二人なんです。純粋にうれしい。

披露宴が始まったら、まずシャンパンを一気飲み。続けて、ビールを何杯か空けたけれど、少しも酔えず。友達にストップをかけられました。

いやー、マジで緊張しました。友達たちが、スピーチをする私の周りにたくさん集まって、写真を撮りながら応援してくれました。ありがとう、みんなあー。

新婦とは、大学時代にアホなことをさんざん一緒にした仲間だったから、披露できない内容も多くて、ネタ選びには神経をつかいました。新婦にも釘をさされてたし。でも、私にスピーチしてもらうんなら、笑いはほしいんでしょうって勝手に解釈。いくつか、会場の皆さんに笑ってもらえるネタを入れて、あとは感動系の話でせめてみました。

新婦に話しかける感じで話していたら、最後になってようやく落ち着いてきました。ふーっ。読むだけなのにあんなに緊張した自分の小ささにガッカリ。一度したら慣れるってのはあるかもしれないけど。

新婦からは、私のスピーチで泣きそうになったら、笑うところがきて涙がひいたそう。彼女のステキなところが、伝えられたかな。

式全体も二人らしい、温かいお式で参席した私たちまでが幸せな気持ちになりました。新婦も感動的な美しさだったよ。久しぶりに仲良しがチームが大集合して、ホント楽しかったです。結婚した二人には、なんと、赤ちゃんができてて、最近結婚した別な友達も妊娠してて、トリプル・ハッピー!!!その日の夢の中では、妊娠ネタを聞きすぎてコーフンしたせいで、私までが妊娠してました!!!!

それにしても大学時代の友達たちが、自分でさえ忘れかけてる私の失敗談を憶えてて、怖いです。結婚式で話してあげるねってニッコリ言うし、ますますできないよ~。
[PR]
明日が仙台で友人の結婚式のため、
郡山の姉夫婦の家に来ている。
駅前のコンビニにはまだ、おでんが売ってた!

明日は、なんと初!SPEECH。
仕事中に話す内容を考えてたら、涙がにじんできた。
(仕事しろよって)
新郎、新婦は大学時代のサークルの仲間。
なんと 7年間も付き合ってるんだよ。
だから感激もひとしお。

明日はどんな式になるんだろう。
最初から泣いちゃいそう。
友達に会うのも楽しみ。

それより原稿、原稿。
ウケねらえるかな。

どなたかアドバイスお待ちしてます。
[PR]
a0021179_233227.jpg
東北地方で地震があったと聞くと、父を想う。
心配もあるが、笑いがおなかからこみあげてくる。

就寝中に地震が起きたりしたら、大変だ。
父は布団をはねのけ、はだしで外に走る。
両親と一緒に寝ていた姉と私は、父の両手に抱えられ、
外に連れ出された。
子どもとはいえ、両手で持つのは、さぞ、重かっただろう。

妹が生まれ、妹もしばらくして、別に寝るようになった。
当然、地震への対応は変わらない彼のスタイルだった。

そんな我が家に子犬が来た。小犬といっても北海道犬だ。緒方拳とも違う。
なんと父は一緒に寝はじめた。
私は、犠牲者(犬)がまた増えたと、内心ほくそえんだ。

グラグラッ・・・。
ポチ(犬)がきて、初めての地震が来た。
私は初めての瞬間を見逃さないよう、飛び起きた。
庭を見た。

ポチ連れてた。
ポチは予想外の散歩に明らかに戸惑っていた。
西郷ドンかよ。
しかし、父の表情は、不安そうだった。
初めてみる顔をしてた。

小さい頃、いたずらばかりする私を蔵に閉じ込めた顔ではなかった。
(「若草物語」でも、二女ジョーが一番活発だったし)

人は両親を一組の男と女と見れるようになることで、大人になるってのが
私の持論だ。
私の場合は、もう一度、「両親」を意識するのは自分の赤ちゃんを抱いた時かも
知れない。

ちなみに母は、地震の時連れて逃げてもらえないそうだ。
重いから、というのが理由らしい。
[PR]
ソニプラ大好きです。

青葉台に住み始めて、ソニプラを見つけて幸せを実感した私です。
カフェも大好きです。
ショップほどこまごました感じはなく、意外にもゆったりしています。
客層も化粧品を熱心に試しているような、若い人たちがあまりいなくて、
1、2人でゆったり時間を過ごしている感じでしょうか。

私が行ったのは、平日の昼下がり。
マダームな会話が時々聞こえてくる店内は、ソニプラでも青葉台仕様です。
a0021179_212914.jpg


ランチメニューのスパムのトルティーヤ巻き(こんな名前だったような)を食べました。
スパムの塩加減が好きです。
これに飲み物とマンゴーシャーベットが付いて、税込み840円。

駅のすぐ隣なので、待ち合わせにもどうぞ。
[PR]
by takakottipotti | 2004-06-15 21:30 | カフェ