a0021179_11035.jpg会社の近くで、無難に攻めてみました。

焼肉や「牛角」系列の居酒屋さんです。

お酒の種類もなかなかあります。                   
今日は飲むメンバーなので、ボトル入れてみました。
でも!アイスボックスも小さいし、割る用のウーロン茶もかわいいグラスに入ってきた。
思う存分飲めないじゃん。

いろいろ飲んだり食べたりしながら、焼肉も食べたいな、っていう人には、お肉を
焼くこともできます。小さな七輪でカルビなどをどうぞ。
そして、一日5食限定の大トロは、なぜか、21時過ぎでもご用意できます!

私がよく頼むのは、つくねです。卵の黄身をからめながら食べるとサイコーです。

当たりはずれがなく、劇的に感動することもない分、逆に、安心して飲むことができるお店ですね。
[PR]
by takakottipotti | 2004-05-29 00:47 | 横浜のお店
a0021179_23321.jpgとても、安かった。

6人で飲んで、一人3000円弱。半額ビールも効いたけど、安い。
これだけ安いと、何もお料理とかには不満ありません。

この値段で、これだけはしゃげて、うるさくできれば、何も言うことありません。

あとは、もう少しお酒を早く、くれってだけ。

あめ玉たくさんいただきました(ごそっと)。ありがとね。
明日、会社で配ります。

またお邪魔します。
[PR]
by takakottipotti | 2004-05-27 23:33 | 和食・居酒屋
流行だったので、借りて読んでみました。
さらさらと読めました。

映画も公開されましたが、柴崎コウはちょっとしか映画に出てないのに、
やたら出てるように宣伝されてますね。
彼女の目ヂカラのせいでしょうか?

本の内容について友達と話したのは、若いから素直に恋ができるのでは?
という、あきらめにも似た想い。

相手の裏切りがあったりして、いつのまにか「恋愛」に”抗体”みたいなのが出来てしまった私たちには、もう、こんなコイなんて、できないんじゃないの?って。

でも、この本のブームは?マークです。最愛の恋人が亡くなるという、よくありがちなテーマを扱ってるのに、なぜこんなに売れたんでしょう。
私は、恋人が亡くなった後の、男性の心を丹念にフォローしたからかと思っているのですが。

みなさんはどう思いますか?

日本の中心で(もいいから)愛を叫んでみたい、女より。
[PR]
by takakottipotti | 2004-05-26 23:23 | 活字マニア
大学浪人&就職浪人をした私は、よく愛犬に散歩に連れ出してもらいました。
そのとき、よく田んぼの中を歩いたんです。

愛犬ポチは私より地位が高いと思っているから、私におしりの穴を見せながら、
フリフリ歩きます。(実際、家庭内の地位は私より上だったでしょう)

のどかな風景に囲まれて、ポチのおしりの穴を見つめながら、いろいろなことを
考えました。
私、これからどうなるんだろうとか・・・。

今も時々あの風景を思い出しながら、なんとか
都会での生活を送っている気がします。

ポチのおしりの穴がなつかしいです。
[PR]
a0021179_2323.jpg
速読自慢の私でも、読み終えるのに時間がかかりました。

宗教と人生の意味と、とても重いテーマを扱っています。

自分があまり、宗教には関心がないから、登場人物たちの
キリスト教に対する思いがなかなか理解しづらかった。

それでも、運命や時代という、どうしようもない大きな波に、
飲み込まれていった人々の思いは、十分に伝わった。

私は今後、こういう気持ちを味わう人なんだろうか、
味わうことはないんだろうか。
女性と男性では読んだあとの感想は、違ってくる気がする。

ラスト・サムライの「謙」より地味で、現代のサラリーマンに近い
サムライです。
 
[PR]
by takakottipotti | 2004-05-24 23:02 | 活字マニア
お買い物に行ったら、あじが安かったので、
作ってみた。
a0021179_21931.jpg

色の出方が予想と違ってて、煮汁が血の色みたいです(涙)

あじはぜいごを取るのが面倒だけど、
私の包丁にかかれば、おてのもの。
最近、京都で買った包丁がよくできた子なんです。
 
お酢が効いていて、これからの季節にもぴったり。
ごはんモリモリ食べられますよ。
[PR]
by takakottipotti | 2004-05-23 21:10 | たまに手料理
店名がグリーンハウス。
グリン、グリンの歌でモチベーションをあげながら?
店内へ。

高級感あるお店の内装。
そして腰を落としたスタッフが窓際のテラス席に案内してくれた。
緑あふれるすてきな席。コップのお水もおいしい。

ライスピッツアなるものを発見!
自慢の品ってことで、注文してみる。

トマトソースのライスピザで、上にはなんと、ジャポネーゼ・シソがのっている。
一口食べたら、
おいしいっ!
分けないで、ひとり占めしたいっ!

値段は、私の標準イタリアンよりはちょっと高めだけど、
納得のお味、接客。
しあわせって、感じてしまうお店です。
[PR]
by takakottipotti | 2004-05-23 12:43 | イタリアン
今日は、このブログのために飲みに行って来ました。
喜一也はフレンチの料理人と和食の料理人がひらいたお店らしい。
青葉台駅からそう遠くないところに、そのお店はある。

ふくろうを描いた絵がたくさん。
手作り風の店内で、なんだか落ち着きます。

私が行ったときは、スタッフが3人。
ここに来るの何回目だっけ?って思わず考えちゃう感じ。
アットホームです。

今日のおすすめのお魚を聞いたら、きんめ鯛とのこと。
マジでうまいよって、言われて頼んでみたら、
間違いない!!
握ってください、思わず言うとこでした。

隣に座った年上のお姉さんたちは、
「私たち飲む時は、いつもここ」らしく、さすがの常連ぷり。

多少のわがままも聞いてくれるような、懐の深ーいお店です。

今度は、自慢の古酒泡盛を飲みに行きたいな。
[PR]
by takakottipotti | 2004-05-22 00:23 | 和食・居酒屋
お店の前に、お好み焼きの文字。
おいしいお酒は飲めるのかと、少し不安になるけれど、
マジでうまい。
いや、おいしゅうございましたと頭を下げたくなるような、
エレガントなお料理の数々でした。

調味料に頼ってないお好み焼きはもちろん、おいしい。
中はふわふわ。焼いて出してくれるのも、らくちん。
  
でも、それより感動したのは、アジのたたき。
たたきで残った骨を、揚げて出してくれるのです。
からっと揚げられた骨が、サイコー。これぞ、エコ。

他にも「エレベーター」というネーミングにも凝ったお料理がいろいろ。
(どんなお料理かは、なぞなぞみたいに考えてください)
幅広い年齢層に対応できるメニューでしょう。

ランチもしているようなので、今度はランチに行きたいな。
 
ちなみに飲んだ後に隣のラーメン屋さんに行くと、
どっかで見たことがある店員が出てくる。
「福」と系列店らしい。
これがナニゲにうけた。
[PR]
by takakottipotti | 2004-05-20 23:55 | 和食・居酒屋
台風に背中を押されるように、行って来ました。

青葉台駅から徒歩3分。グリーンハウス6階です。
白木屋の手前にあります。

店内はこりすぎてない和風のインテリアで落ち着きます。
カップルには窓際の席がおすすめ。

その日はちょうど、「カツオ祭り」でカツオのたたき、お刺身、から揚げなど4種類が
1000円で食べ放題でした。
盛り付けもきれいで、何回も注文してしまいました。

お酒の種類も多く、福島の名酒「大七」が普通にありました。
そしてなにより焼酎の多さには、びっくり!
焼酎好きにはたまらないでしょう。

スタッフも若くてかわいい女の子が、ちょくちょく見に来てくれます。
気のきいた接客です。

今度は会社の女の子でワイワイ来たいな。
また、「なんとか祭」みたいな面白い企画楽しみにしてます。
[PR]
by takakottipotti | 2004-05-20 00:17 | 和食・居酒屋