a0021179_2348569.jpg

汐汲坂ガーデンでランチです。

横浜にはステキな坂がたくさんあります。
元町から汐汲坂を上って、ゲートをくぐると、横浜にいることを忘れてしまいそうな緑の空間。店名からもわかるように、「ガーデン」なんです。
うなぎの寝床のような、通路の途中にはケーキのショーケースやレジがあって、ここで注文して前払いのシステムです。看板犬のワンコもおりこうそうに座ってました。

この日はサーモンのマカロニグラタンのランチをオーダー。
でも、付いてきたサラダもマカロニサラダ。
私に、マカロニでも覗いて、人生をしっかり見なさいよって、思し召しなのか、何なのか・・。マカロニランチになりました。

サラダといえば、過日7月6日はサラダ記念日でした。
『「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日』俵万智さんの歌です。

じゃあ、この歌の中のサラダをお味噌汁に置き換えてみたら?って考えると、なんだか重たい。
実際はお味噌汁の方が、減塩でなどと思いやる作り手と食べる人との間で大きな相違がある気がします。でも、そこはあえて、カジュアルなサラダを選んだんでしょう。市販のドレッシングではなく自分で作ってみた、ういういしい感じがフレッシュです。
7月ってそんな季節。改めて、俵万智にリスペクト。

7月には俵万智さんのこんな歌も。
「逢うたびに抱かれなくてもいいように一緒に暮らしてみたい七月」
7月ってそんな季節?
(かわゆい妹のよこちゃんはどんな反応をするのでしょうか・・)
[PR]
by takakottipotti | 2006-07-11 00:54 | 横浜のお店
ボジョレ解禁です。
イベント大好きなので、同期たちと解禁の日に飲みに行きました。
a0021179_22323959.jpg

馬車道の「ビストロパリ17区」で解禁です。ワインの今年のできは良好という話だけれど、実際おいしかったです。ジャニーズでたとえれば、マツジュン。すっきりさわやか、ただエロさ(ワインの渋み)がない感じ(あくまで私のイメージ)。
a0021179_2242547.jpg

私の初!エスカルゴ。たこやき器のような器で焼くんですね。味はまるで貝みたい。
メインで私が選んだのが、ほほ肉の赤ワイン煮。
a0021179_2248883.jpg

お肉がほんと柔らかくて、おいしー(泣)。3人でそれぞれ違うものを頼んだけれど、どれもおいしくてお酒もあっという間に空に。
そしておすすめなのが、パン。もちもちしていて、ベーグルみたいでした(写真忘れました)。お店の人に聞くと、「毎日こねて作っています」とのこと。答えてくれた彼女がアンパンマンに出てくるバタ子さんに見えてきました。

馬車道はあまり行きなれないところだけど、歩いてみると、おいしそうなお店がたくさんありました。歓楽街に近いので、同伴とおぼしきカップルもちらほら。同伴カップルが食事をするところはおいしいお店だろうから、そういう視点で新規開拓しようということになりました。

日ごろは飲み放題付のお店で「ワーイ!!」と喜んでいるけど、お酒を控えめにおいしいお料理を食べるのもステキ。やっと気づいたアラウンドサーティーズでした。
[PR]
by takakottipotti | 2005-11-20 23:27 | 横浜のお店
ランチでカレーを食べてきました。
ここのカレーはホントにおいしいです。

お店に入るなり、「何匹?」と。
「2匹です」と少し屈辱的に答える私たち。
毎度おなじみ店主サミーさんのジョークです。

席にはきれいにテーブルクロスがしかれ、ナイフ、フォークのセットができています。
こういう空間でランチすると、いいリフレッシュになります。
そして、午後は眠くなります。

チキンカレーを注文しました。
a0021179_23494364.jpg

ひよこ豆のスープとサラダもおいしいです。
チキンは骨付きのものがガッツリ入っていました。

このほかに手作りのアツアツのナンがつきます。
しかも食べ放題ナンです。
うわーい!!
食後にはチャイがついていますチャイ。

ランチだけではなくディナーにも行ってみたいお店です。
[PR]
by takakottipotti | 2005-01-16 23:56 | 横浜のお店
最近、他のグルメブログを見ていて気付いたこと。
それは、私のブログは年寄りくさいという事実。

カタカナのお店はあまりなく、居酒屋ばかり。
話題のお店に行ってきました♪なんて、華やかさがない・・。

どんどん年をとっていくばかりなのに(ちなみに1月31日は私の29回目の生誕祭♪)、こんなんでいいのかー。

しばらく考えて、友達に相談してみた。
友達 「あんたがそんなカタカナのお店がすきなんて聞いたこともないし」
そ、そうだった。

無理は禁物。

というわけで、私の大好きなお店をご紹介します。
横浜駅の西口からすぐ近く、魚料理が自慢の「魚寅」さんです。

店内は漁師さんが「いらっしゃーい」と出てきそうな、オトコ臭い感じです。
客層も4、50代のサラリーメンが多いです。
店員さんもどちらかといえば、怖い。
硬派な感じです。「自分は・・・っす」みたいな。
悪びれずに品切れだというし。
でも、いつも混んでいるこのお店は、それだけ魚がおいしいんです。
a0021179_23474636.jpg

写真はカマスの塩焼き。
皮はパリッとしていて、身はフワフワ。
感動しました。

やっぱり私は魚が好き。
焼き魚、煮魚バンザーイ!!

注意して欲しいのは、仕入れの都合で市場が休みになる日曜日には、お目当ての魚がないこともあります。
[PR]
by takakottipotti | 2005-01-10 23:56 | 横浜のお店
今年のお仕事も終了。
みなさま、一年間おつかれさまでーす。

私にとって、今年はおだやかな一年かと思いきや、まさに激動の年でした。
(年々激しくなっているような)
新しいことを始めたり、動きがあったからでしょうか。

ブログも始めましたしね。
いろいろなブログを読んで、多くの影響を受けた気がします。
まだブロガーの方にお会いしたことがないけれど、来年は実際に会う機会ができたらいいですねー。

さて、本題です。
忘年会もこれでたぶん、最後です。
横浜駅の近く、「横浜味市場」に行きました。
何度か飲みに行っているのですが、お魚も新鮮で、焼酎の種類も多く、おすすめ。
a0021179_2195383.jpg

写真は鮪のかま(大)です。

好き嫌いがあると思うんですが、私は魚の「かま」や「あら」が大好きです。
もう食べるところがないよっていう限界まで食べるのが、好きなんでしょう。
食べられるものなら食べてごらーんという魚と私の闘いです。

では、明日から実家に帰ります。

みなさま、よいお正月をお過ごしください。

最後になりましたが、今年一年ブログを通して、お世話になりましたー。
[PR]
by takakottipotti | 2004-12-30 02:37 | 横浜のお店
お目当ての席に座るなり、またまた、言ってしまいました。
「私のこと、憶えてます?」
なんて自意識過剰。
でも、さすがプロです。「あっ、青葉台の・・・・(きれいな女性)」

前に一度、食べに行ったことがあって、ご近所の話で盛り上がったからでしょう。
うれしいですね。

注文で「かんぱち、お願いします」と言ったら、
かんぱちね」って。
友人も「げ、ください」に「そね」って。
決して嫌味じゃない東京弁でしたが、私たち東北人と九州人はアクセントを学びました。

そうか、頭にアクセントを置けばいいんだー。

今日学んだことは、ほかにもあります。
たとえば、スマートなおしょうゆのつけ方。
板の上のおすしを横に倒して、口に持っていくことでネタにおしょうゆが着いておいしくいただけるそうです。またおしょうゆ皿は板の近くに持っていくと、洋服が汚れる心配がないそうです。
ほかには、うになどのノリが巻いているものに、ガリを使っておしょうゆを着けること。

今日はおいしいお寿司と食べ方、おまけにアクセントを学んだ実り多い一日でした。

ちなみに食べ放題ですと、女性3150円(男性はもう少し高め)で、新鮮なお寿司が召し上がれます。ぜひ、どうぞ。
[PR]
by takakottipotti | 2004-12-15 00:40 | 横浜のお店
大さんばしから出航しているロイヤル・ウイングに乗ってきました。

かなり大きな船で、私が乗ったその日は結婚式が行われていました。
新郎新婦2人で出航証明にサインしたり、神父さんが船長のかっこしてるのが、船上ウエディングらしいですね。
式の終わりには青い風船がバーッと飛んでステキでした。
でも、そのために親戚のおじさんらしき人々までも、風船を両手に持ったから、ドリーミーで大爆笑。

さて、色気より食い気。
おなかをすかしながら、ケーキバイキングを乗船とセットでつけて、いざ船へ。

私たちの意気込みとは裏腹に、バイオリンの生演奏が乗船客をおもてなし。
ちらっとディナーの値段を見て、ビックリ。
た、高い。
きっと男女間の駆け引きが繰り広げられるのにふさわしい値段なんでしょうね。

船でバイキングっていえば・・・。
私が子供の頃♪ビッケ、ビッケ、ビッケは海の子 バイキング♪ってテーマソングの海賊のアニメありました。ビッケかわいかったなあ。

そんなこんなで、なんだかテンション上がりました。
食べ放題って席に着いたら、胸の中でゴングが鳴ります。
a0021179_019491.jpg

久しぶりのケーキ。
やっぱり幸せ。
どうしてこんなに幸福感をあおるんだろう、この食べ物。
でもおいしかったんですけど、おなかをへらしすぎました。
体が塩化ナトリウムをほしがり、あやうく売店のフランクフルトを買いそうでした。

船はベイブリッジの下を通り、みなとみらい地区の横を過ぎながら、鶴見の方まで行きます。
ケーキに夢中の私たちは、ベイブリッジの下を過ぎたことに、最後まで気付かないままでした。
[PR]
by takakottipotti | 2004-09-29 00:28 | 横浜のお店
a0021179_095615.jpgフリーペーパーによく広告の出ている揚州商人に行ってきました。
正直言って、このお店、(私の中では)メディアに露出が多く、あまり期待してませんでした。

でも店内はまるでそこは中国(行ったことないけど)。
雰囲気だけでも楽しめます。
店員さんも中国の方たち(韓国の方かもしれません)。
それでいて冷たくない(横浜中華街からの偏見?)

大いに期待して、ヨダレをたらして待ちました。
携帯画像で小さいのですが。

黒いのは、黒酢ラーメンを食べたからです。

チャレンジ精神旺盛の私は、大好物のタンタタタタンメン(大サービス!)をシカトし、オーダーしました。
だって、メニューに「黒酢がヤミツキになる。そして、麺と出会ったとき、絶頂をむかえる」とあったんですもの。
どんな絶頂か、気になりますよね。

絶頂はむかえられなかったものの、おいしかったです。
独特の酸っぱさが夏にぴったりです。
しかも、頭の中では、例のCMの「やずや、やずや・・・」フレーズがリフレインし、体にいいものを食べているという満足感が、おいしさをさらに倍増させました。

他にもメニューはたくさんあったので、また行きたいなと思いました。
[PR]
by takakottipotti | 2004-08-31 00:09 | 横浜のお店
a0021179_11035.jpg会社の近くで、無難に攻めてみました。

焼肉や「牛角」系列の居酒屋さんです。

お酒の種類もなかなかあります。                   
今日は飲むメンバーなので、ボトル入れてみました。
でも!アイスボックスも小さいし、割る用のウーロン茶もかわいいグラスに入ってきた。
思う存分飲めないじゃん。

いろいろ飲んだり食べたりしながら、焼肉も食べたいな、っていう人には、お肉を
焼くこともできます。小さな七輪でカルビなどをどうぞ。
そして、一日5食限定の大トロは、なぜか、21時過ぎでもご用意できます!

私がよく頼むのは、つくねです。卵の黄身をからめながら食べるとサイコーです。

当たりはずれがなく、劇的に感動することもない分、逆に、安心して飲むことができるお店ですね。
[PR]
by takakottipotti | 2004-05-29 00:47 | 横浜のお店