a0021179_231013.jpg明日、グアムに行きます。
今、準備をしているんですが、ドキドキして、思うようにはかどりません。

ロコボーイにナンパされて、日本に帰らなくなったらどうしよう。
バナナボートに乗って、おっぱいポロンしたらどうしよう。

それは冗談ですが、チップを渡す国に行ったことがないので、なんだか不安です。
スマートにできるように、頑張ってきます。

旅のお供には、2冊の本を連れて行きます。
キューピーにはお留守番を頼みました。
あれ、なんだか日に焼けてるぞ!!

無事に帰ってきますので、またブログでお会いしましょう。
グアムからも更新を試みますが、うまく行くかどうか・・・。
[PR]
by takakottipotti | 2004-07-03 23:11 | 活字マニア
a0021179_2611.jpg2冊持ってる。

1冊は小学4年生のときに担任の男の先生から、いただいたもの。
バレンタインデーのお返しだった。
今思えば、とてもしゃれたプレゼントなんだけど、当時は、本の内容をあまり
理解できなかった。

2冊目は自分で、大学生のときに買ったものだ。
子供時代の疑問符が頭に残っていたかもしれない。

この間、王子さまと目があったから、
ひといきで読んだ。
もういちど読んだ。
手の届くところに放ってみた。

心の中でムクムク大きくなってきた。

「かんじんなことは、目に見えないんだよ」キツネの言葉に、王子様だけではなく
私もハッとした。
頭で考えて物事のつじつまを合わせてしまったり。
「好き」って感情を、私が大切にしてたことを忘れてない?

最近、こんなページ電車男を読んで寝付けないくらい感動しました。
※読みすぎに注意!

心の目がバッチと開いてないと、こういう恋もできないのかもしれません。
逆にいえば、開けば、世間的には負け犬って言われることはないかも。
チョー元気出てきた。

こんなプラス思考でいいのかしら。
ねえ、星の王子さま。
[PR]
by takakottipotti | 2004-06-04 01:56 | 活字マニア
流行だったので、借りて読んでみました。
さらさらと読めました。

映画も公開されましたが、柴崎コウはちょっとしか映画に出てないのに、
やたら出てるように宣伝されてますね。
彼女の目ヂカラのせいでしょうか?

本の内容について友達と話したのは、若いから素直に恋ができるのでは?
という、あきらめにも似た想い。

相手の裏切りがあったりして、いつのまにか「恋愛」に”抗体”みたいなのが出来てしまった私たちには、もう、こんなコイなんて、できないんじゃないの?って。

でも、この本のブームは?マークです。最愛の恋人が亡くなるという、よくありがちなテーマを扱ってるのに、なぜこんなに売れたんでしょう。
私は、恋人が亡くなった後の、男性の心を丹念にフォローしたからかと思っているのですが。

みなさんはどう思いますか?

日本の中心で(もいいから)愛を叫んでみたい、女より。
[PR]
by takakottipotti | 2004-05-26 23:23 | 活字マニア
a0021179_2323.jpg
速読自慢の私でも、読み終えるのに時間がかかりました。

宗教と人生の意味と、とても重いテーマを扱っています。

自分があまり、宗教には関心がないから、登場人物たちの
キリスト教に対する思いがなかなか理解しづらかった。

それでも、運命や時代という、どうしようもない大きな波に、
飲み込まれていった人々の思いは、十分に伝わった。

私は今後、こういう気持ちを味わう人なんだろうか、
味わうことはないんだろうか。
女性と男性では読んだあとの感想は、違ってくる気がする。

ラスト・サムライの「謙」より地味で、現代のサラリーマンに近い
サムライです。
 
[PR]
by takakottipotti | 2004-05-24 23:02 | 活字マニア