カテゴリ:LOVE LOVE NY!!( 4 )

セントラルパークでニューヨーカーごっこをした後は、メトロポロタン美術館へ。
a0021179_2125887.jpg

a0021179_21183384.jpg改装中です・・。階段に座っている人たちは、何をしているんだろう。
でも、うれしかったのが、私の大好きなマティス展が開かれていたということ。

「色彩の交響曲」といわれるカラフルな絵を描いたマティス。
現在、上野で開催中の「プーシキン展」で展示されている「金魚」でもおなじみです。
先日行ったついでに・・・。プーシキン展の入り口には、「金魚」の世界が再現されていました(下の写真)。おもしろかったので写メしました。マティスの絵が実物の色に負けてないのが、驚きです。
a0021179_21225872.jpg

話は戻って、マティス展。
テキスタイルや絵画が展示してあったのですが、やっぱり天才、マティス!(当たり前?)
「金魚」の絵もそうだけれど、どうして、たくさんの色を使っているのに一つの作品としてまとまっているんだろう。
マティスの作品に囲まれて、しばらく腕組み。
頭がショートしそうになったから、急いで移動しました。

「色」は身近なものだけれど、使い方によって、人を元気づけたり、落ち着かせたりする効果があるので、上手に付き合っていきたいです。アロマと似てますね。

メトロポリタンでは、カメラもフラッシュを使わないなら、OKだそうです。
a0021179_21502695.jpg

ミイラー。エジプト美術は圧巻。世界有数のコレクションらしいです。意外にも混んでなくて、穴場でした。
さらに日本の美術館ほどセキュリティが厳しくないから(近くに誰もいなかったから)、触ってみちゃいました。

めまいがするような数の作品があるので、また訪れてみたいです。
[PR]
ホテルでぐっすり眠った翌日は、早起きして、セントラルパークへ。
途中でデリに寄って、初めてオーダーしてみた。
a0021179_21585985.jpg

ベーグル大好きで、よく食べるけど、噂どおり本場NYのベーグルは固い・・。
しかも、お店の人が「ほんとにこれをベーグルに挟むの?」って顔してた。間違ってる?
ほんとに広い、セントラルパーク。
a0021179_21505475.jpg

写真はシープ・メドウ。昔は実際に羊を放牧していたんだって。
日光浴したり、読書したり、よく見るNYの写真そのままで感動。
私もニューヨーカーみたいに少し走ってみたけど、日本でもしたことないから、やっぱ無理。
自然の地形を生かしているから、傾斜もついててちょっとクロカンぽいぞ。
a0021179_22223975.jpg

ビートルズの曲「Strawberry Fields Forever」でおなじみ、ストロベリーベリーフィールズ。フィールズというだけあって、森。
実はビートルズの曲の中で私があまり好きではなかった曲。何度か聞くうちに好きになった。なんだかレゲエっぽい。(ジョンがラリって作ったってガセですか?)
a0021179_22443697.jpg

そして、「Imagine」。まさに今、FUJIFILMのCMがオンエア中ですね。聖地って雰囲気でした。ほんとNo more warです。ジョンたちにレスペクト(ラッパー風)。
a0021179_22244342.jpg
写真はダコタアパート(タクシーの中から)。
ここに住んでいたジョン・レノンはよくセントラルパークに散歩に来ていたそう。今もオノ・ヨーコは住んでいるみたい。発音はダタだそうです。タクシーの運転手に直された(泣)。

このビートルズの地を訪れるにあたり、昔のオノ・ヨーコばりにセンターパートで挑んだ私。
誰にも突っ込まれなくて、改めて、一人ぼっち旅って寂しいって思いました。
[PR]
a0021179_23314816.jpg

成田からJFKまで、10時間を越える長旅だったので、寝る気十分で離陸前から、爆睡。
しかし、離陸してまもなく、隣の女の子たちに叩き起こされる。「起きて、起きて。海よー」。
「う、うん。きれいですねー(泣)」(私も大人の対応)

でも、この子たち、食事のたびに私を起こしてくれて、助かった。
機内では、食べて(ビールを飲み)、寝て・・を繰り返し、出荷される前の豚のような時間を過ごして、ようやくJFKに到着。

厳しいと聞いていた入国審査では、指紋がなかなか取れない。
右手で何度か挑戦したが、ダメ。左手でおでこを触れという。
あぶらなんて浮いてないわよっ、と思ったけど、触った後は、きれいにとれちゃた。

ホテルに向かうタクシーのラジオで流れていたのは、イーグルスの「ホテルカリフォニア」。
ドライバーは若い頃、この歌でよくダンスパーティで踊ったそうで、ノリノリ。
あまりにもでき過ぎな音楽と近付いてくるマンハッタンの風景に、まるで夢を見ているような気持ちになった。
[PR]
NYから帰ってきました。
なんとか無事にパソコンの前に座ることができて、よかった、よかった。

海外一人ぼっち旅行は、ちょっぴり寂しく、とてもエキサイティングに終わりました。
旅行中はいろいろな人に助けていただきました。

今度はもっと英語が話せるようになって行きたいです。

追って、NY旅行記をアップします。
[PR]