ごぶさたしています。
この間、アロマテラピーインストラクター試験に合格しました。ミラクルです。
応援してくださった方々、ありがとうございました。
まだまだ奥が深いアロマの世界、これからますます勉強しなくては。

アロマを勉強しだして、自分の体の健康にも興味を持ち始めたときに、知り合いから紹介されたのが、マクロビオティックでした。マドンナなどの海外セレブも実践しているというマクロビ。
言葉は知っていたものマクロビオティックスには、手間がかかるイメージがあって、挑戦したことがありませんでした。

チャヤ マクロビオティック カフェ 自由が丘店 でのレッスンに参加してきました。
a0021179_21374978.jpg

メニューはマクロビでは珍しく、魚を使って  
                             ・エスカベッシュ
                             ・パンプキン&バジルサンド
                             ・豆乳の野菜スープ
シェフのデモンストレーションを見て、あとは試食会。
プロの技を近くで見られて、目からうろこの情報も聞けて、ラッキー。
お野菜も歯ごたえが残る加減で茹でてあって、味付けはあっさりなのにおなか一杯になりました。
今が旬のアスパラなんて、若竹を食べている感じ。
(やっぱり、私、今までアスパラ茹ですぎだったんだー。)
なぜだか心もポカポカ。マクロビってこんなステキなお料理らしいのです。

初めて会った人と同じテーブルを囲むのはなかなかない経験で、楽しかったです。
私以外の人はみんなリピーターで、いろいろ教えていただきました。

私もできる範囲でマクロビ生活していきたいです。
[PR]
a0021179_224619.jpg
アロマの教室で、ハンガリアンウォーターを作りました。

ハンガリアンウォーターは14世紀にハンガリーの王妃が愛用していた香水です。
70歳になった王妃がその香水のおかげで、隣の国の若い王から求婚された
という伝説から若返りの香水と呼ばれていたそうです。

今回、ローズマリー、ラベンダー、オレンジとレモンのオイルで作りました。
みんなで同じものを作っても、それぞれ微妙に香りが違ってくるみたい。

出来上がった香水を教室で席が近い人たちと交換してみると、あら不思議。
香りがまるで違います。
しかも私のは、ローズマリーが強烈な香りを放っています。
隣の子のは、穏やかな香り。
あれっ?
この違いは何?

私の作った香りをラテンダンスにたとえたら、彼女のワルツだね。
先生に思わず「この違いって性格からくるんですか」って聞いたところ、
先生も爆笑。
「きっと欲する香りが、強く出たんじゃないかな」って。

ローズマリーといえば、血圧を上げる作用があり、心を元気づけ・・
って私、元気なかったのか!!
確かに最近、新しいことを始めようとして、疲れていたかも。
こういう風にアロマって欲する香りから、自分の状態も分かっちゃたりするんです。

それにしても年下の子っていえば、会社で隣の席の王子様、ではなく、
22歳のオトコ。
社内ではかなりの有名人です。
私の新人時代も激しかったけど、これほどではありませんでした。
先日も課内の飲み会の日にちを自分の都合で変えてしまいました。
そして、度の弱いめがねをかけてて、文字が見えないと、顔を大接近してきます。
このめがねで仕事してるから、不思議です。
ビックリすることばかりしてくれるので、私のツッコミもお休みなし。
かわいいもんなんですけど。

ハンガリアンウォーターの効き目は確実ではないと思いますが、
会社には「決して」つけて行かないようにしないと。
[PR]
a0021179_214427.jpg
癒し系の女性めざし(?)、アロマテラピーのお勉強をしています。

それでもってブログにカテゴリを作ってしまえば、書くためにも
勉強するかなと。逆かな。

アロマは香りを楽しみながら、体や心のバランスを整える生活の知恵
と言われています。そんな、香りを感じる嗅覚は「原始的で無意識な感覚」
って言われてるんです。

視覚などと違い、嗅覚は、大脳新皮質(思考や意思、言語など
知的な活動を支配している)を経由しないで、
ダイレクトに大脳辺縁系(食欲など本能的な行動に関わる)に伝わります。
いい香りをかぐと、頭で考えるより先にいい気分になったり、元気が出たり、
リラックスしたりしますよね。

逆に、いいかおりだなって感じたら、頭で考えては台無しということです。
無条件に受け入れたほうがよいようですよ。

いろいろな香りの成分をもったエッセンシャルオイルは売っていますが、
それに限らず、あなたの好きな香りはなんですか?

私は、たくさんあります。
 
 ・ 朝の立ち食いそば屋さんのにおい(二日酔いの時は不快です)
 ・ 男性の小鼻のにおい←私はフェロモンと呼びます。
                   (ちなみにあの杉本彩も好きだそうですが、
                       あそこまでヘンタイじゃありません)
 ・ バニラのかおり(母のホットケーキが好きです)
 ・ 新しい本のインクのにおい(便意を催します)
 ・ 桃のかおり(桃いかおり?)
 ・ ポマードのにおい(おっさんは苦手なのに、なぜか好き。
                           でもあまり人に言えない・・)
 ・ あぶったスルメのにおい(小学生の時から好き) 
 ・ オイルではラベンダーが好きです。
  
バスソルトを作ってみました。
むくみ、シェイプアップに効果があるジュニパーとグレープフルーツのオイルが
入っています。
写真だと、白い粉、怪しいでしょう。


  
[PR]