猪苗代  「アロマテラス」

実家に帰ってきました。
父親が私の写真をカレンダーにしてました。マジでやめてほしいです。

地元の友達と猪苗代まで小旅行に行きました。日ごろの行い悪く?ずーっと雨でした。

友達が予約してくれたのが、ここ「アロマテラス」。
10月までの営業で、猪苗代が雪に覆われる冬の間はイタリアで過ごされるというマダムのお店です。
裏の畑で作っているお野菜以外の食材は、ほとんどイタリアから輸入しているということです。こんな情報も友達のお母さんから。
この友達とゴハンを食べるときはずれがないのは、彼女のお母さんのおかげでもあります。
お母さん世代の情報ネットワークはあなどれません。

桧原湖が望める洋館では、こんな剥製がお出迎え。どうして、死んだシカは苦しい顔をしてないんだろう?どうでもいいことが気になる私です。
a0021179_22151977.jpg

前菜
a0021179_21561867.jpg
サラダ。マダムが作っているお野菜は、オリーブオイルと好相性。野菜の持つ苦味や歯ごたえなどは、今では無農薬のものでないと感じられないのかもしれません。
a0021179_22185039.jpg
サラミとパルマのプロシュート。添えてあるジャムは今はやりのルバーブです。味が舌にまったりと残ります。ワ、ワイン・・・。
a0021179_21571384.jpg
友達の選んだニョッキ。おもちみたいにモチモチでした。
a0021179_21585496.jpg
私がオーダーした手打ちのフェットチーネ。マスカルポーネとオレンジとナスです。初めての味にサプライズ。おいしいのかよく分からないままだったけれど、やはり塩加減が絶妙です。岩塩を使っていて、オリーブオイルもこだわりのあるものらしいです。
a0021179_2224623.jpg

最後にフレッシュレモンバームのハーブティと、デザート。写真忘れました。

行ったことはないけれど、きっと本場イタリアの味なんでしょうね。忘れられないお料理になりそうです。
オペラが流れるお屋敷で、マダムが作るお料理を、お話しながらゆっくり食べる時間ことが、なにより贅沢。

マダムの生き方を考えてみて、オンナふたりいろいろと考えるきっかけになりました。また食べに行きたいです。
[PR]
by takakottipotti | 2006-07-18 22:02 | うつくしま福島