割烹  「魚がし」

体が無性に魚を欲しがったため、魚を食べに「魚河岸」に行って来ました。
魚屋さんが経営するこのお店は、いつもお客さんでいっぱいです。

なぜか青葉台駅から桜台方面への通りには、魚系の飲み屋さんが多いのです。
でも、このお店の目印は大きなたぬきの置物。
乙女な私は、思わず顔を赤らめてしまいます。
お店に入ると、外見から想像できないほど、店内は広くて驚きました。
a0021179_23205138.jpg

お通しです。
お通しでこういう大きな焼魚って、今までお目にかかったことがありません。
少し塩味薄めだけれど、おいしかったです。

お通しで、こういうレベルですので、他のお料理もよいに決まってます。
食べたのは、カレイの煮付け、湯豆腐、白子などなど。
注文してからお料理が出てくるのが早いのも、うれしいところです。

常連さんが、割合に年齢層高めなのに対して、店員さんが若くてかわゆかったです。
湯豆腐なんてアツアツだから、若い子の手ではテーブルに置けないみたいだったので、お姉さんが手を貸して上げました。
年をとると、手の皮も顔の皮も厚くなっちゃうみたい。

そして、ついにここでmiyariverさんおすすめの「ホッピーでハッピー」を初飲み!!
「ホッピーあります」など大げさに言わず、普通にあるのが、この店らしいところでしょう。
たぶん常連さんは当たり前に飲んでいるんでしょうね。

飲んでみた感想は、おいしくないわけではないけれど、なんだろう。
これ飲んでて、いつになったら酔えばいいの?てな感じなのですが、体に優しそう感はポイント高いかも。

今回は奥のお座敷に座ったので、次回はカウンターで常連さんウオッチングしたいと思います。
[PR]
by takakottipotti | 2005-03-23 00:07 | 和食・居酒屋